元うなぎ屋のうなぎガイド

うなぎが旬を迎える季節はいつ?

 

うなぎの蒲焼

 

うなぎの旬の季節といったら、どの季節をイメージしますか?多くの方が、土用の丑の日から夏をイメージするのではないでしょうか。しかし、土用の丑の日は夏だけではなく、実は冬にも存在します。そしてこの冬こそが、本当の旬なのです。冬と聞けば蟹をイメージする人も多いと思いますが、うなぎも同じく冬に人気の食材なのです。

 

うなぎは冬になると、寒さ対策として脂を身体に蓄えます。その為、さばくだけで脂で手が光るほどと言われているほどです。しかも脂が乗っているだけでなく、身も柔らかく美味しいのも冬なのです。つまり、脂の乗ったふっくらとした身のうなぎを食べたいというのであれば、冬が一番適した季節です。

 

では何故、夏が旬のようなイメージが定着してしまったのでしょうか。その起源は何と、江戸時代にまで遡ります。蘭学者として知られる平賀源内に、鰻屋が相談を持ちかけたのがきっかけです。鰻屋が持ちかけた相談とは、夏は旬ではないので売れないというものだったのです。そこで鰻屋に土用の丑の日を掲げさせ、精の付くものを食べようというキャンペーンを展開させたのです。実際に、うなぎには多くの栄養素が含まれており、精の付くものとしてはピッタリです。疲労回復効果も期待できるので、夏バテ予防にも繋がります。その為、江戸時代からずっと土用の丑の日が定着したと言えるでしょう。

 

確かに旬ではないにせよ、夏バテ予防にはうなぎはピッタリです。その為、夏に食べるのも良いですが、脂の乗った冬も味わう事をオススメします。もしかすると、冬の方が好みの味かもしれません。我が家では冬は蟹も通販して一緒に食べる事もあります。贅沢品なので正月とかイベントの時だけですけどね。ちなみに美味しい蟹はコチラで通販できます。⇒かに通販厳選.com

うなぎとアナゴの違いとは?

鰻

うなぎとアナゴはよく似た魚と紹介される事が多いようです。特に見た目は、どちらも細長い円筒状で、30cmから1mほどの長さであり、ほぼ変わりはありません。表面も粘膜に覆われてぬるぬるとしている点や、夜行性であるという点も、よく似ていると言えるでしょう。ただ、これら以外を比較すると異なる部分がほとんどです。

 

アナゴには体の側面と背びれの下に、白い斑点が一列に並んでいます。また、尾びれの形状も先が尖っており、皮下に小さなうろこも見られません。一方のうなぎは、尾びれは丸みを帯びており、皮下に小さなうろこが見られます。これらは、見た目で判断する場合に非常に役立つ違いと呼べるでしょう。

 

では見た目以外には、どのような違いがあるのでしょうか。味わいを比較してみると、うなぎの方が脂っぽいと言われています。実際に脂質の量を比較して見ると、アナゴの脂質の量は半分以下であり、味わいがさっぱりしており、低カロリーです。その為、カロリーが気になるダイエット中の女性には、アナゴの方がピッタリです。

 

また、生息域を比較しても違いが見られます。アナゴの生息域は海ですが、一方のうなぎは海で産卵されるものの主な生息域は淡水となります。

 

このように、見た目はよく似ていますが両者には様々な違いがあります。特に味わいに関しては、全く異なるとも言えるので、気になる方は一度食べ比べてみてはどうでしょうか。ただ、どちらにも良さがあるという事を忘れないで下さい。

うなぎの優れた栄養価とは

うなぎは昔から、栄養価が高い食材として知られていますが、どのような栄養素が含まれているのでしょうか。まずは、がんの抑制や皮膚の潤いをキープする働きを持つビタミンAです。ビタミンAは、うなぎ100gで成人の1日に必要な量を摂取する事が出来ます。

 

続いて、ビタミンB群です。ビタミンB1は脚気や疲労感対策に、ビタミンB2は成長促進や体調を整える働きを持っています。それぞれ、ビタミンA同様にうなぎ100gで成人の1日に必要な量を摂取できます。また、骨の強化に役立つビタミンDや、アンチエイジングが期待できるビタミンEも含まれています。

 

また、うなぎの栄養価で高く評価されているのが、DHAとEPAの含有量です。特にDHAは、うなぎ100gでおよそ1,350mgの摂取が行えます。1日の理想の摂取量が500から1,000mgである事を考えると、圧倒的に栄養価が高いと言えるでしょう。そんなDHAは、脳細胞の成長促進及び痴呆予防効果が期待できる、頭にとって欠かせない栄養素です。

 

さらに、EPAは中性脂肪やコレステロールを減少させる働きを持った栄養素です。しかも心筋梗塞や脳梗塞といった血液にまつわる病気の予防効果も期待できます。EPAは1日の理想の摂取量が1000mgですが、うなぎ100gでおよそ750mgが摂取できます。その為、理想の摂取量の75%を摂取できると言えるでしょう。

 

しかも女性に嬉しいコラーゲンが、皮の周囲には含まれています。この他にも鉄分やカルシウムも含まれているので、大変栄養価の優れた食材と呼ぶ事ができます。

蒲焼き以外のうなぎのレシピ

うなぎのレシピというと、蒲焼きをイメージする方が多いでしょう。しかし、蒲焼きばかりでは飽きてしまうのも事実です。そこで今回は、うなぎと野菜を使ったヘルシーな丼のレシピをご紹介します。なお、材料は3人から4人前となっています。

 

まず、ゴボウ1/2本はささがきに、玉ねぎ大1個は1cm幅に切っておきましょう。うなぎ大1尾は、横半分に切った後、玉ねぎと同じように1cm幅に切って下さい。続いて、鍋にだし汁1カップと、酒大さじ1、砂糖大さじ1、みりん大さじ2、醤油大さじ2を加えましょう。そこへ、下ごしらえを終えたゴボウと玉ねぎを加えて、柔らかくなるまで煮込みましょう。野菜が柔らかくなったら、切ったうなぎとグリンピース大さじ3を加えて下さい。そこへ、溶き卵2個を加えたら、少し煮込んで火を止めましょう。ご飯の上に乗せれば、丼の完成です。お好みで、粉山椒を振りかけて食べて下さい。

 

このレシピでは、野菜を一緒に食べる事ができます。蒲焼きではどうしても野菜を一緒に食べる事ができないので、とてもヘルシーです。しかも、野菜と一緒にする事で、うなぎ1尾でもボリュームのある丼に仕上がります。1尾でもボリュームを出したいという時には、打ってつけのレシピと言えるでしょう。

 

また、うなぎが苦手という子供も玉子とじにする事で、美味しく食べられるのがポイントです。さらに、上から刻んだ青ネギを乗せると、色味が鮮やかになり、食欲をそそります。